読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディズニーおもちゃ箱

ディズニー好きブロガーが綴る雑記

【Kindle】キンドルペーパーホワイトを使って2週間 読書がとても捗って楽しすぎる!

キンドルペーパーホワイトは買って損なし!
社会人になって読書から離れていたけど、キンドル1つで読書熱復活しました!
軽くて持ち運びも楽チン、通勤時間や休憩の合間に簡単に読書ができちゃう至極の1品です!

こんにちは、ユミ(@yumi_DisneyLife)です

とうとう買っちゃいました!キンドルペーパーホワイト
これは本当に買ってよかった!
軽くて持ち運びが楽チン、なのにKindle1つでいくつもの本を持ち運べているも同然なんですよ!
好きな時に、好きな本をパッと選んですぐ読める。
なんて便利なんでしょう
なぜ今まで買わないでいたんでしょう、ね???
それくらい、買ってよかった至極の1品です

Kindle Paper White

 

 

私が買ったのは、キンドルペーパーホワイト・wi-fiモデル・本体が白色のものです

 

キンドルペーパーホワイトを選んだ理由

キンドルにも様々なモデルがあります
Kindle(無印と呼ばれているものですね)、ペーパーホワイト、マンガモデル、Kindle  Voyage、Kindle Oasis といろんなモデルがあるんですね〜

その中で、私が購入候補にしていたのが
・キンドルペーパーホワイト
・キンドルペーパーホワイト マンガモデル
の2つです

無印キンドルは一番安い(8980円〜)なのですが、バックライトが無いので除外
Kindle Voyageと、Kindle Oasisは、初めてのキンドルとしてはお高いと思い除外

そして、候補としたのが上の2つでした

ペーパーホワイトとマンガモデルの主な違いは
・端末の容量
・ページめくりの速さ です

ペーパーホワイトの容量は最大8GBに対し、マンガモデルは32GBまであります
マンガをよく読む方なら、絶対マンガモデルを買ったほうがいいですね

私はマンガをほとんど読まないので、ペーパーホワイトを選択しました

読書がめっちゃ捗る!

この一言に尽きます
読書がめっちゃ捗ります!!!

何と言っても軽い

端末が205gと非常に軽いんです
カバンにホイッと入れて、常に持ち歩けます
空き時間にサクッと取り出して、読書がしやすくなりました

例えば、電車の通勤時間
片手に持つのをスマホではなく、キンドルに変えればいいだけですからね

ページめくりも本より楽かもしれません

目に優しい

現代人に欠かせないパソコンやスマホのブルーライト
これ、目が疲れるんですよね
ブログを始めてパソコンを使う時間が長くなってから、ブルーライトの光で目が疲れやすくなったと感じますもん

それに対し、ペーパーホワイトは紙媒体に近い感覚になっているんです
つまり、スマホで読書するより目が疲れないのです

キンドルペーパーホワイトを買うならアマゾンプライム会員になってからが断然お得!

だって、端末が4000円引きになるんですよ!
確かに年会費3900円はかかりますが、キンドルを買えばそれだけでチャラですもん

それにプライム会員の特典が充実しすぎなので、年会費3900円以上のお得感満載です
こちらは別記事で紹介します

購入時に使用できる割引コードは公式HPにありますので、そちらをご確認くださいね

 

 

キャンペーン情報無し をオススメします

キンドルには、キャンペーン情報「つき」と、「なし」の2種類があります
キャンペーン情報とは、広告のことですね
スリープ状態から電源を入れた時に、一番最初に広告のワンクッションが入ります
あと、下部にも広告の表示があります

広告には、キンドル本のキャンペーン情報も入るので、一概には言えないんですけれども(セール情報とか、本好きなら気になりますよね)
個人的には、毎回スリープから立ち上げた時の広告は気になると思ったのと、2000円の差で広告無しなら、そっちを選びたいと思いまして

私はキャンペーン情報無しを購入しました

 

もともと読書が好きだったのですが、社会人になって忙しくて(?)、読書から完全に遠のいていました
また、今まで会社へ車通勤だったのが、東京へ来て電車通勤になったことで読書できる時間が確保できたんですよね
東京で消耗するどころか、東京ライフをめっちゃ満喫できています!

空き時間や通勤時間で、簡単に読書できる、キンドルペーパーホワイト
2017年アマゾンで買ってよかった至極の1品です